大切なパートナーを失った貴方へ

ペットロスから立ち直る方法はいろいろありますが、一般に気持ちの整理がつくと改善されると言われています。
まずは感情のプロセスを知ることで一筋の道が見えてくればと思います。

第一段階:否定

ペット(パートナー)が亡くなっても、「さっきまで生きていたのに…」「まさか、そんな…」と言うように、すぐには死を受け入れられないことでしょう。また、「現実ではなく夢であって…」「生き返って…」と祈ったり、「もし生き返ってくれるなら~します」と約束を条件に願ったりして現実を否定することもあります。
ペットの死を現実のものとして受け入れることが、上手にペットロスを乗り越えるために必要になってきます。死を素直に受け入れるのは難しいことで多少時間もかかるでしょうが、愛したペットの死を受け入れてあげることが"本当の愛情"なのではないでしょうか。

第二段階:後悔・怒り

ペットの死を受け入れると、次は後悔したり、罪悪感や自責の念にかられたりします。
ペットが私たちの生活に依存し影響していることから、命を預かっていた飼い主は過去のことについていろいろと思い出し、後悔して涙するのです。
また、後悔の中に怒りを伴うこともあります。それは獣医師や病院スタッフに対して死の責任を問うことや、自分に対する怒り・罪悪感、家族や他人に対して死の責任転嫁をして責めることもあります。あるいは、神様など祈った相手に対して怒りを抱くこともあるでしょう。
いずれも愛情を抱いていた者が亡くなったからであり、その行為や状況に対して何らかのマイナスの感情を抱くこともありますが、愛の本質は"許すこと"にあるのですから自分や他人をあまり責めない方が良いでしょう。
後悔すべきことは後悔して反省し、責めるべきはきちんと償い懺悔する。それらを受け止めてあげることです。必要以上に自分や他人を責めても亡くなったペットは喜びません。

第三段階:悲しみ

感情の激流が穏やかになってくるこの段階が、悲しみと向き合わなければならない一番寂しい時でもあります。今まで一緒にいたのに亡くなってしまったペット(パートナー)の存在が、いかに大きな支えであったかを知り、もう触れることができない、声を聞くことも姿を見ることもできないという寂しさや悲しみがいっそう深くなると思います。
この悲しい気持ちを素直に表現して、抑圧せずに十分に解放してあげることが大切で、ペットのいない環境に適応して生活を再構築しなければなりません。この悲しみから立ち直る手助けとして、

  • ペット(パートナー)をちゃんと供養してあげること(葬儀・供養など)
  • いっぱい泣いて悲しみを表すこと(涙はふとした瞬間にも出てくるものです)
  • ペットのことを思い出してあげて、語り掛けること
  • 家族や友人に思い出や悲しみを語ること
  • 思い出を綴ること(アルバムや手紙、日記やブログなどへ)
  • 思い出の品を一時的に目の前から移動させること
  • 同じ悲しみを体験した人の話を見聞きすること
  • 同じ悲しみを分かち合える団体に参加すること
  • 体を動かして気持ちを発散させること
  • 新たなペット(パートナー)と出会うこと
  • カウンセラーに相談してアドバイスを受けること

などが挙げられます。 いずれの行為もペット(パートナー)がいなくなってしまった現実を徐々に受け入れることとなり、それに伴って心も癒されてゆきます。何が必要かは人それぞれです。

第四段階:回復

忘れる訳ではないのですが、時の経過とともに悲しみや苦しみが癒され、亡くなった時のことよりも楽しい頃の思い出が浮かんできます。そうなると、出会いによる悲しみよりも、出会いによる喜びに感謝できるようになってきます。
ペット(パートナー)に対して「ありがとう」と素直に言えるようになります。
すると、以前の自分に戻るのではなく、より優しい人間になれるのではないでしょうか。
決して悲しみが消えたわけではなく、心の前面から背後に移動しただけなので、時には悲しみが前面に出てきて泣くこともあるでしょう。
このような段階を順番通りに通過するだけではなく、前後したり逆になったりしながら徐々に心が整理されて、最後にはペット(パートナー)の死を穏やかなものにしてゆきます。
悲しみが訪れるのはそれだけペットへの愛情があったということで、幸せで楽しい時が、ペットとの出会いがあったからなのです。

商品ページへ