大切なパートナーを失った貴方へ

「ペットロス」とは文字通りペットを失うことで、その悲しみによって引き起こされる心身の様々な症状を「ペットロス症候群」と呼びます。

近年ペットを取り巻く環境は向上し、単なるペットから「伴侶動物(コンパニオンアニマル)」へと変化を遂げ、家族の一員としての地位を確立してきました。
共に寝起きをして、共に楽しみ、いつも笑顔で迎えてくれる彼ら。寂しい時や悲しい時は黙って側に寄り添い、支えてくれたり、助けてくれたりして、私たちの心を癒す伴侶(パートナー)にもなっています。

しかし、そんな大切なペット(パートナー)ともお別れしなければならない時は必ず来ます。

獣医学が進歩して、より長く生きることができるようになったとはいえ、ペットの寿命は人間に比べると短く、飼育する時は想像もしていなかったペットとのお別れを経験せざるを得ません。
共に暮らせる時間が長くなった分、愛情を注ぎ関係を深め、人間と動物という垣根を超えた絆を結んでいるだけに、亡くなった時の悲しみや苦しみは人を失った時と変わらないほどといえます。

「こんなにも辛く悲しいのは私だけではないのか?」
「この悲しみがずっと続くのではないか?」
「いつまでも泣いている私は異常なのではないか?」

など、思い悩んでしまうことも多いでしょう。
愛するパートナーを失って深い悲嘆に暮れたとしても、ペットの死に対する世間の受け入れ方や心無い一言でひどく落ち込んだとしても、多くの人は時間の経過とともにこの辛い悲しみから回復していつもの生活をおくれるようになります。

しかし一方で、ペットの死に大きなショックを受け、極度の食欲不振や心身症になり、いつまでも深い悲しみを引きずってしまう方も大勢います。
これを「ペットロス症候群」といいます。
ペットロスについての社会的認知とともに、愛する者を失ったという経験を理解し、上手に受け入れることで心身ともに立ち直ることができます。
悲しみから立ち直るまでの期間や症状は人それぞれではありますが、重い症状が長期にわたり日常生活に支障が及ぶようであれば、専門家の助けが必要となります。とにかく、一人で考え込まないことです。

文責:ソウルメイトから抜粋

ペットロスから立ち直るために…