MY PET ANGELとは

ママ(私)のお誕生日を
一緒に万歳でお祝い

リリーとの出会いは昭和60年9月21日、生後3ヶ月の時に私たち夫婦の元へやってまいりました。愛くるしい大きな目で、瞳が真黒い子犬でございました。

我が家に 私たちの『天使』が舞い降りてきたようでした。

その日から寝起きを共にいたし、朝晩のお散歩・食事・旅行、時には病院へ駆け込むこともあり、いつもどんな時も私たちと一緒に過ごしました。

私たちが勤めから帰ってくる時間になると、必ず毎日 “お帰りなさい”と玄関でお出迎えしてくれました。一日の疲れも忘れてしまう天使のような微笑みで迎えてくれました。 

・・・。 

出会いがあれば悲しい別れがやって参ります。我が家にも例外でなく平成15年9月22日にその日が訪れました。

わが子リリーは19年の生涯を閉じました。

私たち夫婦に子供がなかったこともあり、とても深い悲しみでした。しかし本当にわが子のように思い、過ごした19年間の美しく儚い思い出は今でも消えることはありません。

これからもずっと・・・。

現在の愛犬あいちゃんと
毛利夫妻

それからリリーは大切に供養されペット専用の納骨堂に静かに眠っています。

しかし我が家にリリーのご仏壇やご位牌がなく毎日が物足りません。そして毎夜思うのはリリーは寂しくないのかなぁっという思いでした。

思いは少しずつ募り手元で供養できないものかと考え、色々と探してみましたが、ペット仏壇では何か貧粗で納得できる仏壇や位牌が見当たりません。

そこで私たち夫婦が納得できる物をと思い、同じ想いを持つ方々に相談しデザインから完成まですべてを、同じ想いをもつ同じ気持ちの方々と創り上げることができました。


そしてこれらのものを同じ想いをお持ちのもっとたくさんの方々のお手元にお届けできればと考え、商品化することができました。

私は日本文学が好きでリリーと一緒に色々と読書を楽しみました。その中でも今も昔も、そして日本だけでなく世界中に愛されている『源氏物語』をテーマにいつまでも変わりない美しい思い出に。

主人はとても旅行好きで夫婦でそして、リリーと家族で見上げた美しい星空に願いを込め

『ギリシャ神話』の星座をテーマに想いを星に託しました。

そして、いつまでも思い出を大切にし、これからも そっと そばに居れるようインテリアに静かに馴染むそんなデザインにこだわりました。 


“皆様の家族だった愛犬や愛猫の思い出をお傍に・・・”